_images/top.jpg

田中研究室

京都大学大学院 工学研究科 材料工学専攻

量子材料学分野

物質の力学的,光学的,電気的,磁気的等々といった性質や,拡散,化学反応といった挙動は,核反応によるものを除外してすべて電子の性質・挙動を通して理解することができます.私たちは,このような電子論に基づいて新しい材料の設計や開発指針を得ることを目的とし,理論計算と実験的研究とを密接に連携させた研究を進めています.

最近の計算機技術の飛躍的な進歩によって,精度の高い電子論計算が可能になり,実際に合成してみなくても,未知の物質の性質や挙動を予測することが可能になりつつあります.私たちはこれを量子材料設計と呼び,21世紀の材料科学における重要な技術と位置付けています.また電子論に基づくことによって,これまで金属・半導体・セラミックス・有機物といった分野別に構築されてきた学問体系が横断的に議論することが可能となると信じています.このような新しい分野の開拓のため,私たちは最新の計算法と実験手法を用いてさまざまな材料科学の問題にチャレンジしています.

博士研究員(ポスドク)あるいは特定助教募集

計算材料科学,固体物理学,統計物理学などの分野において,本グループにて共同研究していただく博士研究員(ポスドク)あるいは特定助教を随時募集しています. 興味をお持ちの方は,以下のメールアドレスまでご連絡ください.

田中 功  tanakaatcms.mtl.kyoto-u.ac.jp

世古 敦人 sekoatcms.mtl.kyoto-u.ac.jp

博士研究員(ポスドク)・特定助教募集詳細

ご案内

材料工学専攻の修士課程では,材料科学に興味を持つ外部の人材を積極的に受け入れるため,専門科目の筆記試験を課さない特別選考を導入しています (京都大学工学部物理工学科を卒業あるいは卒業見込みの者以外が対象).詳細については, 材料工学専攻のウェブサイト をご覧下さい.